コロナ給付金、国税局OBの元税理士が詐取…100人に不正受給を指南か(読売新聞)

Pocket

新型コロナウイルスの影響で収入が減った個人事業主らを支援する国の持続化給付金をだまし取ったとして、大阪府警東淀川署は1日、大阪国税局OBの元税理士、山本愉章よしあき容疑者(43)と、税理士事務所の事務員だった30歳代の男を詐欺容疑で逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。

43歳ですか。私と同い年ですが。そんなはした金のために一生を棒に振るなんて、と考えてしまうのですけれど。どのような心理でこのような犯罪に手を出すのか。それが知りたいですし、今後の人生どうなるのか、それも追って報道して欲しいくらいです。

ページが見つかりませんでした : 読売新聞オンライン

 

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi

Pocket

タイトルとURLをコピーしました