相続相談室

東松山エリアで唯一の相続税申告・相続税対策・事業承継対策に特化した税理士事務所です。

相続税申告・相続税対策の詳細はこちら

お薬手帳で調剤時の診療報酬割安に 自己負担3割なら40円お得


納税通信 第3441号 2016年10月3日 より

お薬手帳を持参すると、調剤薬局が薬代のほかに徴収している「管理指導料」が安くなるんですね。うっすら聞いたことがあるような気もしますが…

今年の3月までの管理指導料は410円、4月から6ヶ月以内に同じ薬局を利用した場合380円、一方、お薬手帳を持参してない場合は500円で差額は120円。自己負担割合が3割なら手帳の有無で40円の差が発生。

6ヶ月以内に同じ薬局を利用した場合に管理指導料が安く設定されているのは、かかりつけ薬局を決めてもらって服薬情報を一元管理したい国の意向であると。重複投薬の解消が目的。マイナンバーも一面では重複投薬の解消が目的ですね。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi