相続相談室

東松山エリアで唯一の相続税申告・相続税対策・事業承継対策に特化した税理士事務所です。

相続税申告・相続税対策の詳細はこちら

準確定申告書 納付書の書き方


被相続人の準確定申告において、還付の場合は、準確の付表に相続人名義の口座番号等を記載して還付を受けるだけですので問題はありません。

納付となる場合は付表作成した後に、納付書に記載して納付をする必要があります。

氏名等の記載欄については。

【住所欄】

被相続人 埼玉県○○市××

相続人 埼玉県△△市□□

【氏名欄】

被相続人 ○○○○

相続人 △△△△

と記載します。

ちょっとしたことですが、どのように記載するんだ?と疑問に思われる方もいらっしゃるようですからメモしておきます。一番確実なのは所轄の税務署の管理運営部門に書き方を確認することですけどね。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi