smoritoshi のすべての投稿

遺伝性乳がん等 発症前の切除手術も医療費控除対象

週刊税のしるべ 平成29年11月13日

遺伝性乳がん・卵巣がん症候群(HBOC)と診断された者が受けた乳房切除手術費用又は両側卵巣卵管切除手術費用に対する医療費控除の適用について

遺伝性乳がん・卵巣がん症候群(HBOC)はアンジェリーナ・ジョリーが手術したことで有名ですが。

HBOCについて、遺伝カウンセリングと遺伝子検査を行い、HBOCと確定診断された患者が乳房切除手術、両側卵巣卵管切除手術を行った場合の費用は医療費控除の対象となる旨、大阪国税局が文書回答。

ただし、遺伝カウンセリングと遺伝子検査はあくまで診断費用なので、これだけでは医療費控除の対象とはならない。

検査の結果、HBOCだと判明して手術が行われた場合には、カウンセリングと遺伝子検査の費用も医療費控除の対象となる。

人間ドッグと同じですね。

一般社団法人利用の節税スキームに日税連会長が警鐘

T&Amaster №715 2017.11.13

日税連神津会長が11月1日に開催された政府税制調査会において、巷間跋扈していると思われる一般社団法人と小規模宅地等を利用した節税スキームについて課税の公平上問題であると警鐘を鳴らしていらっしゃいます。

一昨年同会において上西左大信じ先生がタワマン節税について課税の公平の見地から見直しを提言したところ平成29年度税制改正でタワマン節税の見直しが実施されたことを考慮すると…ということですね。

具体的には一般社団法人と、小規模宅地等の特例のうち家なき子を組み合わせて実行するスキームのことを指しているのだと思いますが。

実家とは別に既に相続人が自宅を所有している場合、家なき子の要件からは外れてしまうわけですが。

一般社団法人を設立してその自宅建物を一般社団法人に譲渡、その後は社宅として居住することで家なき子の要件を満たす、と。

これに蓋をするような改正が入りそうな予感ということです。

すでにスキーム実行している方にとってはコスト負けしそうな勢いですが。

さてどうなりますか。

みずほFG、1.9万人削減へ 構造改革案の概要

みずほFG、1.9万人削減へ 構造改革案の概要:朝日新聞デジタル

 ――将来の店舗のあり方は。

 「大きく変わっていく。駅の一番良いところに店を持つ必要はなくなってくる。ATMもいらなくなる。自動化店舗に振り替わっていく。一方、アドバイスが必要な住宅に近いような店は、小規模で午後11時まで開いているとか、土日も開いているような店舗が必要になる。住宅ローンについては、メガバンクと地銀との間ですみ分けるようなことが一部進むかもしれない」

住宅ローンについては予想通りの展開と言いますか。

 ――1・9万人はどう削減するのか。

 「一つは採用と退職のバランス。採用人数は従来のレベルより減らす。もう一つは、金融機関の場合は地方や事業会社も含めて人材のニーズがあり、比較的(人材を)囲い込んでいたが、開放して減らしていく。(希望退職は)ない」

それよりもこちらの方が気になります。融資先に出向という名のリストラを断行するのかどうなのか。

高所得者の増税検討 宮沢洋一・自民税調会長、30年度税制改正で

高所得者の増税検討 宮沢洋一・自民税調会長、30年度税制改正で

  • 高額所得者の給与所得控除上限
  • 年金控除額の引き下げ

このあたりは増税

  • 事業承継税制の拡充
  • 所得拡大税制の拡充

このあたりは減税

事業承継税制は今回の改正を待って実行した方がイイのでしょうね。一旦ペンディングで。

2017.11.13 夜練 ローラー25分

終日事務所にて仕事。

夕方長男坊空手送迎。

間隙をぬってローラー25分。

  • 10分 アップ
  • 12分 インターバル(30秒+30秒)×12
  • 3分 ダウン

時間がないので短期集中で。それにしても11月は疲労の蓄積が尋常ではない。朝練に起きられず8時起床がやっとという状況…

11月抜ければ何とかなるかな。12月からの繁忙期の方が楽という。全て会務的なものに体を拘束されるが所以。如何ともしがたい。

プランク、腕立てを忘れずに。

キッザニアに「税務署」 子ども署員が抜き打ち訪問

キッザニアに「税務署」 子ども署員が抜き打ち訪問 – 共同通信 47NEWS

 子どもがさまざまな職業を体験できる人気テーマパーク「キッザニア東京」(東京都江東区)に13日、税の仕組みを楽しく学ぶ「税務署」のパビリオンがオープンした。「税を考える週間」(毎年11月11~17日)に合わせた企画で、19日まで。

 参加者は税金の必要性や消費税の計算方法について説明を受け、税務署を意味する「TAX OFFICE」の文字がデザインされたジャンパーを着て施設内にある日本の通貨(円)を使っている本物の店を抜き打ち訪問。税務署に提出されていた申告書と店の帳簿を突き合わせ、消費税がきちんと申告されているかチェックしていた。

以前私もキッザニアに行った後に、税務署に進言したことがあります。税務署も出店すべきだと。ただ、税務調査というよりは、確定申告や源泉徴収して年末調整など納税する方で、ですが。

2017.06.09 夜練 ローラー60分 / キッザニア

まぁ、良い試みだと思います。、抜き打ちってのはどうなんでしょう。税務署は抜き打ちで来るもの、という先入観を植え付けやしないか心配です。

2017.11.12 夜練 試走付添&ランニング7キロ

午前、長男坊の空手送迎しつつ、仕事。

午後もずっと仕事。16時で倦んできたので一旦切り上げる。

長男坊の重忠マラソン試走に付添つつ、自分のランもしようかと思い、長男坊は自転車でヌエックまで、自分は伴走して現地入り。

小学校のお友達数名も試走しているようで、2回走った後でしばらく一緒に遊ぶ。

その間、お母さんとお父さんとイロイロと話す。なるほど、2分59秒がコースレコードなのか…

目標は高い方がイイでしょう。

その後、B&G方面をぐるっとランしながら自転車で伴走してもらう。1キロだけ上げて4分11秒/キロ。3分台で走るつもりだったが、暗くて足元が見えずに遅れる(ということにしておく)

大手金融 効率化へ動き相次ぐ

大手金融 効率化へ動き相次ぐ|NHK 首都圏のニュース

長引く低金利などで銀行の経営環境が厳しさを増すなか、「みずほフィナンシャルグループ」が2026年度までに全体の4分の1にあたるおよそ1万9000人を減らす方針を固めるなど、大手金融グループで効率化を図る動きが相次いでいます。

中略

大手金融グループでは「三菱UFJフィナンシャル・グループ」も傘下の銀行で向こう7年かけて9500人分に相当する事務作業を「三井住友フィナンシャルグループ」は再来年度・2019年度までに4000人分の事務作業を減らす取り組みを進めています。

都銀は地方の中小企業やリテールについてはAIで対応して人件費は極力かけない方向性で対処していくのでしょうね。

今後どれほど泥臭く現場を回るかに信金や地銀の存亡はかかっているのかもしれませんが、地銀がそこまで人材を回せるかどうか。信金の独壇場になれるかどうかも気になります。

ビジネスモデルに問題ある地銀を検査 監督手法見直しも 金融庁が「金融行政方針」を公表

ビジネスモデルに問題ある地銀を検査 監督手法見直しも 金融庁が「金融行政方針」を公表

地域経済の縮小に加え、長引く低金利で貸し出し利ざやが縮む中、地銀の経営環境は厳しさを増している。金融庁によると、29年3月期決算では、過半数が本業の貸し出しや手数料ビジネスで経費を賄えず赤字となった。

 このため金融庁は、行政方針で「ビジネスモデルの持続可能性に深刻な問題を抱えている地域金融機関に検査を実施する」と明記。「経営課題を特定した上で、深度ある対話を行い、早急な対応を促す」姿勢を打ち出した。

中略

また行政方針には、商工中金で不正融資が発覚したことを受け、政府系金融機関の在り方について議論することも盛り込んだ。

金融庁が積極的に地銀淘汰に関与していきそうな勢いですが。果たしてこのままの方針で今後も金融庁は地銀に対して強気な対応を続けていくのか。いかなければ地域金融が沈没しかねない状況ではあるのでしょうけれど。難しい判断を迫られそうです。ソフトランディングが可能なのか。ハードランディングさせるのか。