相続相談室

東松山エリアで唯一の相続税申告・相続税対策・事業承継対策に特化した税理士事務所です。

相続税申告・相続税対策の詳細はこちら

日本株にNISA大量失効の落とし穴

tax memo

日本株にNISA大量失効の落とし穴

 下の表のように、もともとNISAについては、非課税枠はすべて17年末でいったん切れる。18年以降については、NISA口座のある銀行や証券会社にマイナンバーを提示すれば、非課税枠が継続される。ただし、その手続きの期限は17年9月末までだ。


 仮に17年9月末の期限に間に合わず、手続きを怠ると、NISAの非課税枠は17年末に失効してしまう。18年以降もNISAを利用するなら、継続ではなく改めて一から口座開設の手続きが必要となる。新規の口座開設となると、マイナンバーの提示ばかりでなく、非課税適用確認書の交付申請書の届け出などの手間がかかる。

これ、ほとんどの人が知らないんじゃないでしょうか。証券会社は徹底して周知しないと大変なことになる予感が…

ま、そもそもNISA口座開設したものの全く動いてない口座も大量にあるのでそれを排除するにはいいかもしれませんが。

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi