相続相談室

東松山エリアで唯一の相続税申告・相続税対策・事業承継対策に特化した税理士事務所です。

相続税申告・相続税対策の詳細はこちら

「信託」が相続を大きく変える 事業承継に新たな選択肢 民法上の不可能を可能に


オーナーズライフvol.51 より

取り立てて新しい論点はないのですが。

遺留分の請求にも対抗策になる?

とのややこしい書き方で、最後、両論併記しているつもりなのでしょうが。

信託であろうと遺留分はありますよ。当然じゃないでしょうか。

遺留分は請求されないとする側は、「特別法である信託は民法の相続に優先されるため、民法上の規定である遺留分も適用されない。課税当局が信託を『みなし相続」』として扱っていることからも、民法上の相続ではないと読み取れる」というものだ。

いや、さすがに厳しいでしょう。

誰が最初に事故るのか。時間の問題だと思いますが。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi