積水化学が5000万円所得隠し 飲食接待など、大阪国税局指摘


積水化学が5000万円所得隠し 飲食接待など、大阪国税局指摘

 得意先などとの飲食代は1人当たり5千円以下なら課税対象とならない。関係者によると、同社は参加人数を水増しし、枠内に収まるよう調整していた。大阪国税局はこうした処理が故意に利益を圧縮する所得隠しに当たると認定したもようだ。

3年間で約5,000万円とはかなり大がかりな仮装隠蔽ですね。重加算税やむなしかと思います。

私の実感としても最近の税務調査は交際費について厳しく見られる印象があります。

そもそも交際費に該当するのか否かという仮装隠蔽も含めて。

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました