経営者向け「節税」がん保険、損金算入年30万円に制限 国税庁方針(日本経済新聞)

Pocket

国税庁が24日までに、法人契約のがん保険や医療保険について、全額損金算入できる保険料の範囲を1契約当たり年間30万円までに制限する方針を生命保険業界に通知していたことが分かった。国税庁は月内にも保険商品に関する通達を改正し、販売が過熱していた法人契約の「節税保険」に制限をかける。

容赦ないですね。国税当局の強い意志を感じます。

これにより短期間で保険料を払い込み全額損金にすることで節税するというメリットはほとんどなくなります。

経営者向け「節税」がん保険、損金算入年30万円に制限
国税庁が24日までに、法人契約のがん保険や医療保険について、全額損金算入できる保険料の範囲を1契約当たり年間30万円までに制限する方針を生命保険業界に通知していたことが分かった。国税庁は月内にも保険商品に関する通達を改正し、販売が過熱していた法人契約の「節税保険」に制限をかける。国税庁が新たに制限を設けるのは、福利厚生...

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi

Pocket

タイトルとURLをコピーしました