第四世代・電子認証局構築に向けて 関東信越税理士会会長メールマガジン№61より


本会会長のメルマガより

 現在、日本税理士会連合会が発行する電子証明書の有効期限が、平成29年7月31日に到来します。このため、第四世代電子証明書を発行するための新電子認証局を構築しなければなりません。
 今回は、株式会社NTTネオメイトに構築と運営を委託することとし、平成29年1月から順次、第四世代電子証明書が発行、更新されることとなります。
 今までと同様に、初回発行費用は税理士会が負担することとし、2枚目の同時申し込み会員については、交付手数料が2,200円必要となる予定です。

 

まだ先の話ですが。来年の1月から発行更新されるということですね。頭の片隅にでも入れておきましょう。

それと、会長、年末から体調を崩されていたのですか。全然気づきませんでした。徐々に回復されているとのことで安心しましたが。体が資本の商売ですから私も自戒してこの3ヶ月、確定申告時期を乗り切っていきたいところです。

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


コメント

  1. […] 第四世代・電子認証局構築に向けて 関東信越税理士会会長メールマガジン№61より […]

タイトルとURLをコピーしました