調査通知による加算税賦課は29年1月1日申告期限到来分から


週刊税務通信 平成29年2月27日 №3447 より

調査通知は既に今年に入って以降開始しているが、実際の加算税賦課については29年1月1日以後法定申告期限到来する国税。

例えば法人税調査が3事業年度(26年12月、27年12月、28年12月期)対象だった場合、29年1月1日以後に調査通知があった後(更正等予知前)に修正申告すれば、加算税賦課は法定申告期限が29年1月1日以後である28年12月期だけ。26年12月、27年12月期は従来通り加算税賦課されない。

いつも言っていることですが、普通の納税者にとっては関係のない話であります。

短期間無申告加算税繰り返し加重措置 連結法人はグループ内で複数回賦課あれば適用

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました