特別養護老人ホーム入居中に相続した宅地と小規模宅地等の特例


T&Amaster №710 2017.10.09 より

実務判断に役立つ相続税の取扱いQ&A

  • 平成26年2月 被相続人が特別養護老人ホーム入居
  • 平成27年1月 被相続人が老人ホーム入居直前に居住の用に供していた家屋とその敷地を妻から相続
  • 平成28年4月 被相続人が自宅に戻ることなく死亡

宅地等が被相続人の居住用だったか否かの判定時期は老人ホーム入居直前だが、その判定時期における宅地等の所有者について法令上制限はない。

ということで、本件のように入居直前に被相続人の所有ではなかった宅地等でも小規模宅地等の特例の適用あり。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました