ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係

Pocket

タックスアンサー No.1524 ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係

ビットコインは、物品の購入等に使用できるものですが、このビットコインを使用することで生じた利益は、所得税の課税対象となります。

 このビットコインを使用することにより生じる損益(邦貨又は外貨との相対的な関係により認識される損益)は、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑所得に区分されます。

これまでの予想通り、雑所得という回答。あまりに「雑」すぎるタックスアンサーでシレっと出しているところがポイントで、じゃあ他の仮想通貨はどうなるのかと。当然同様に扱われるはずで。条文で限定列挙されたら話は変わってきますが。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi

Pocket