資産税審理研修資料 平成27年7月作成 贈与税の審理上の留意点

Pocket

TAINS 2015-10-15 資産税審理研修資料 贈与税の審理上の留意点より

連年で住宅取得等資金の贈与を受けた場合の措法70条の2の適用関係

「旧住宅取得等資金の特例」の適用を受けている場合、現行の「住宅取得等資金の特例」を適用することはできない。

 

例えば。

平成26年に父から200万円の資金贈与を受け、旧住宅取得等資金の特例を適用している場合、平成27年に残金に充当させるために300万円の資金贈与を受けたとしても、平成27年分の贈与税申告において現行の住宅取得等資金の特例を適用することはできない。

一方。

現行の住宅取得等資金の特例は連年で適用できる。

例えば。

平成27年に住宅用家屋の新築契約を締結、同年に父から400万円、平成28年に残金に充当させるため600万円の資金贈与を受けた場合、平成27年及び28年分のいずれの贈与税申告においても住宅取得等資金の特例は適用できる。

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi

Pocket