「三世代同居リフォーム減税」に疑問の声


日替り税ニュース

 しかし、同特例については疑問の声も多い。政府内でも創設前から「対象者や効果が不透明」、「人生観や価値観に踏み込む税制はなじまない」など反対意見が多く、平成20年から断続的に内閣府の要望として上げながらも見送られてきた。野党からは「三世代が同居できるような豪邸に住める人を優遇するのか」、「実際に三世代が住んでいることを確認もせずに減税するのか」という声も出ている。

まったくもって同意見なのですが。

税制改正大綱公表から私も疑義を呈しておりました。

三世代同居に対応した住宅リフォームに係る特例を創設

大局観のないその場しのぎの税制は迷走します。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました