相続相談室

東松山エリアで唯一の相続税申告・相続税対策・事業承継対策に特化した税理士事務所です。

相続税申告・相続税対策の詳細はこちら

暦年贈与と財産債務調書との整合性


税務弘報 2016年7月号 

特集 相続税務最新事情・傾向の落とし穴

弁護士・税理士 石井亮先生

暦年贈与における事実認定の落とし穴

贈与契約書の作成や贈与税の申告をしていたからといって実態が伴っていなかったら贈与を否認される可能性がある、というのは常識論として(当然否認することでそれなりの増差が発生することが前提ですが)

今後は財産債務調書の記載にも注意というのは確かにそうですね。財産債務調書合計表には税理士の署名押印欄があり、その記載には相応の信用性があるものとされることから、その記載に暦年贈与が反映されていない場合には、これを根拠として贈与を否認される可能性もあり、と。

法人税申告書別表2の記載との整合性も要確認。

(P10右段上から7行目「暦年」とすべきところ「歴年」と誤植あり)

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi