フリー、税務申告ソフトに参入 クラウドで作業完結


フリー、税務申告ソフトに参入 クラウドで作業完結

クラウド会計ソフトのfreee(フリー、東京・品川、佐々木大輔社長)は税務申告ソフトに参入する。会計データと連携してクラウド上で法人税の申告書を作成でき、電子申告にも対応する。年間利用料は20万円前後と既存のパッケージ型ソフトよりも低く抑える。1200億円規模とされる同市場で5年後に過半のシェア獲得を狙う。

税理士いらず、となるか。

クラウド会計の費用以外に、税務ソフトが20万円/年、ということは、税理士に決算報酬を20万円で依頼しても同じことかと思いますが。

会社の規模にもよると思いますが、20万円以下の決算報酬で受けてくれる税理士はいくらでもいるでしょうから、会社で完結させる意味があるのか疑問。税理士事務所側に導入させるのでしょうかね。いずれにせよ、申告書作成代理業としての税理士は淘汰されていく流れが加速されることは間違いないです。当然MFクラウド他、クラウド会計の追随するでしょうし。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました