株譲渡損繰越 時系列的な申告が必要

Pocket

T&Amaster №687 2017.7.3 より

経緯を箇条書きすると。

  1. 平成26年3月12日 平成25年分確定申告書提出(株譲渡損明細添付なし)
  2. 平成27年3月5日 平成26年分確定申告書提出(譲渡損失繰越控除)
  3. 平成27年3月9日 平成25年分に係る更正の請求書提出
  4. 平成27年12月3日 更正をすべき理由がない旨の通知処分(繰越控除不可)

2の平成26年分確定申告書提出前に3の更正の請求書を提出する必要があったわけですが。妥当ですが、納税者(税理士)としてはやっちまったなぁという感じでしょうか。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi

Pocket