不正会計、AIで監視 新日本監査法人が開発へ


不正会計、AIで監視 新日本監査法人が開発へ

時間と手間のかかるチェック作業をAIが担うことで、会計士は顧客企業との議論に時間が割けるようになるほか、減損損失など高度な判断が必要な業務に集中できるようになる。開発に向け、21日に約80人の会計士や技術者で構成する専門部署を設ける。

不正があるのは減損会計など高度ではない作業部分だと思うのですが。

人間よりAI様の方が不正発見に役立つか。というよりも人間とAI様による二重チェックとなるんでしょうかね。いずれにせよ興味深い試み。期待したい。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


コメント

  1. […] 不正会計、AIで監視 新日本監査法人が開発へ […]

タイトルとURLをコピーしました