相続相談室

東松山エリアで唯一の相続税申告・相続税対策・事業承継対策に特化した税理士事務所です。

相続税申告・相続税対策の詳細はこちら

国外居住親族に係る扶養控除Q&A(源泉所得税関係)公表


国外居住親族に係る扶養控除等の書類の添付等義務化2015/09/08

国外居住親族 扶養控除等申告書の受取など法人側の対応を整理2015/09/24

上記に関連して、9月25日に国外居住親族に係る扶養控除Q&Aが公表されています。

国外居住親族に係る扶養控除Q&A(源泉所得税関係)

 

メモ。

Q4 親族関係書類はパスポート以外は原本で。送金関係書類はコピーも可。

Q6 「生計を一にする事実」欄には当初提出時の扶養控除等申告書に記載がされないので、記載内容に異動がない場合でも、年末調整時に「生計を一にする事実」欄に次の2つの方法のどちらかで記載が必要。

  1. 当初申告書を居住者に返却して、国外居住親族への送金等の総額を追記して再提出してもらう方法
  2. 国外居住親族への送金等の総額を記載した扶養控除等申告書を別途提出してもらう方法

Q8 非居住者である親族が16歳未満であっても、障害者控除の適用がある場合は親族関係書類、送金関係書類の提出等が必要

Q9 留学が1年未満であれば国外居住親族には該当しない

Q10 親族関係書類、送金関係書類の保存義務はないが、扶養控除等申告書と併せて7年間の保存が望ましい

Q11 親族関係書類は1年以上前のものでもOKだが、扶養控除等申告書記載事項に異動がない旨の確認は必要

Q13 親族関係書類が旧姓の場合、パスポートのコピーや公的機関が交付した他の書類等で現姓名と旧姓名の関係が明らかとなる書類も併せて提出等が必要

Q14 親族関係や住所等に異動がない場合は、前年以前に提示した親族関係書類の再提出でOKだが、前年と変更がない旨を申告書の提出者に確認が必要

Q15 親族関係書類は戸籍の附票のコピーだけではダメ。パスポートのコピーも必要。

Q16 パスポートは国外居住親族の氏名、生年月日記載ページをコピー

Q18 親族関係書類のうち、外国政府又は外国の地方公共団体が発行した書類とは次のもの

  • 戸籍謄本
  • 出生証明書
  • 婚姻証明書

フィリピン共和国のバランガイ組織が発行するバランガイ証明書も同様の取扱としてOK

バランガイ??

市や町を構成する更に下の組織のようですね。知りませんでした。

フィリピンの地方自治 バランガイ

これは今後実務で取扱いが出てきそうです。

Q21 送金関係書類は原則全ての送金関係書類が必要。年3回以上送金する場合は、一定事項記載の明細書とその年最初と最後の送金関係書類の提出でOK(提出省略した送金関係書類は居住者で要保管)

Q23 各人別の送金関係書類が必要。国外居住親族の送金等を一人の代表者にまとめて行った場合、その代表者だけの送金関係書類に該当する。

Q24 共同名義口座は個々人に送金されていることが不明の場合はダメ

Q25 複数年分まとめて送金しても送金した年分だけの送金関係書類にしかならない

Q26 金融機関の外国送金依頼書の控も送金関係書類に該当

Q28 現金手渡の申立書ではダメ

Q31 クレジットカードは利用日で判断

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi