株式会社ムゲンエステート 適時開示「税務調査に伴う過年度消費税(特別損失)の見積り計上 及び業績予想の修正に関するお知らせ」


税務調査に伴う過年度消費税(特別損失)の見積り計上 及び業績予想の修正に関するお知らせ

中古マンション買取・再販・賃貸の株式会社ムゲンエステート

ムゲンエステートという会社は存じ上げていなかったのですが。HPを見ると、中古マンション買取・再販・賃貸とありますね。

そこから、今回の消費税の修正ということで、邪推すると。

例えば1,000万円で購入したマンションのうち、建物と土地(敷地権)について、建物価格を多く見積もって消費税の仕入税額控除を過大に取っていた可能性はないでしょうか。

建物と土地を一括譲渡した場合の建物代金

Q

 建物と土地を一括譲渡した場合で、建物代金が区分されていないときは、建物代金はどのように計算したらよいでしょうか?

A

 土地とその土地の上に存する建物を一括して譲渡した場合には、土地の譲渡は非課税ですので、建物部分についてのみ課税されます。
  この場合、譲渡代金を

①譲渡時における土地及び建物のそれぞれの時価の比率による按分
②相続税評価額や固定資産税評価額を基にした按分
③土地、建物の原価(取得費、造成費、一般管理費・販売費、支払利子等を含みます。)を基にした按分

などの方法により土地と建物部分に合理的に区分する必要があります。

 なお、それぞれの対価につき、所得税又は法人税の土地の譲渡等に係る課税の特例の計算における取扱いにより区分しているときはその区分した金額によることになります。

「更正処分を受ける見込み」とありますから、修正申告済なわけではないのですね。争う姿勢は残しつつ、決着するまでは「当局の見解に従った会計・税務処理を前提として、業績予想の発表等を行うことといたします。」ということで。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました