感染者・損失企業の納税1年猶予 新型コロナで国税庁(日本経済新聞)


国税庁は新型コロナウイルスの影響を受ける納税者の負担を軽くする。大きな損失が生じた企業や感染者らの税金の支払いは原則1年猶予する。当面の事業や生活の資金繰りを支える。一斉休校措置などでベビーシッターを利用する家庭については税負担の軽減策を設ける。

個人の感染者、設備や商品にダメージのある会社を対象に、1年間納税を猶予、延滞税も免除。休廃業、利益激減の場合も納税猶予して延滞税を軽減。資産の差し押さえもやめて実質的な納税猶予とする。

診断書や明細書は不要として手続も簡略化したうえで、担保提供も無理な場合は不要。

国家財政的に大丈夫なのか、というレベル。

制度は堅持したままで他に対応した方が良いのでは。ズルズル長引く可能性もあるし。

感染者・損失企業の納税1年猶予 新型コロナで国税庁
国税庁は新型コロナウイルスの影響を受ける納税者の負担を軽くする。大きな損失が生じた企業や感染者らの税金の支払いは原則1年猶予する。当面の事業や生活の資金繰りを支える。一斉休校措置などでベビーシッター

 

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました