タワマン節税 6項否認リスク

Pocket

週刊税務通信 平成29年9月11日 №3473 より

タワマンについては固定資産税の算定方法が改正されたものの、相続税におけるタワマン節税に対応する見直しはなかったからといって、タワマン節税は安泰だ、とは当然ならず。常に6項否認のリスクが潜在していることは頭の片隅に、と。

租税回避を念頭に置いたタワマン購入はそもそも筋悪であって。まして相続開始直前にタワマン購入、相続開始後即売却は6項の餌食でしょう。タワマン市場価格と財基通による相続税評価額が3倍以上かい離していたら6項発動、という噂話を鵜呑みにしないよう。2.2倍でも否認された事例あり。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

Pocket