ネット馬券の配当6千万円脱税、有罪判決…地裁(読売新聞)

Pocket

ネット馬券の配当6千万円脱税、有罪判決…地裁

弁護側は「国税当局は他の事案を調べる際に被告の口座を違法調査した」とも主張。

昔ながらの銀行調査における「横目」ってやつですね。これも個人情報が重視される時代では違法な手法として訴えられてしまうというね。結局地裁は手法の違法性は認めなかったわけですが。

村越裁判長は「調査対象の絞り込みが不十分だった可能性があり、違法の疑いは残るが、重大とまでは言えない」とした。その上で被告が固定資産税課長だった点を指摘し、「納税者の模範となるべき立場で、厳しい非難は免れない」と述べた。

固定資産税課長ってのは「厳しい非難を免れない」立場なんですね。起訴失職中ということですから、当然高裁まで争うのでしょうけれど。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi

Pocket