都市農地維持へ税優遇 「生産緑地」22年期限 農水・国交省、転用を抑制

Pocket

都市農地維持へ税優遇

 農林水産省と国土交通省は、都市部の農地「生産緑地」を維持するための対策に乗り出す。地主の相続税を猶予したり、硬直的な土地の貸し借りの仕組みを柔軟にしたりして、企業やNPOが借りやすくする。市民農園などの形で活用を促す狙いだ。生産緑地の多くは2022年に期間満了を迎え、宅地転用が加速する恐れがある。東京などでは今後、緑地の保全が課題になる。

東松山市にもチョコチョコと生産緑地がありますが、どうでしょうかね。梨を作っているようなところは今後も継続しそうかなぁとは個人的には思いますが。対策としては焼け石に水じゃないでしょうか。供給過多は不可避かと。空き家予備軍増やしてどうするのかとも思いますけれど。

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi

Pocket