厚生年金基金の資産9億円消滅か


納税通信 第3463号 2017年3月6日 より

資産運用マネジメント会社のずさんな運用で、基金加入者の年金資産が最大9億円失われた可能性がある。証券取引等監視委員会は2月28日、東京の厚生年金基金2団体から受託した資産を運用していた「日本アジア・アセット・マネジメント」(東京)に行政処分を下すよう金融庁に勧告した。

日本アジア・アセット・マネジメント株式会社に対する検査結果に基づく勧告について:証券取引等監視委員会

これですか。

イギリスの運用会社のファンド商品で運用していたものの、資産状況を継続的に監視せずに運用会社と2年も連絡が取れていないとか。加入者からの解約にも応じず。

旧AIJ投資顧問の事件が2012年ですか。ついこの間のような気がしますが5年も前の話とは。厚生年金基金はリスキーです。とはいえ、どうにもできない状況ですが…

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました