相続相談室

東松山エリアで唯一の相続税申告・相続税対策・事業承継対策に特化した税理士事務所です。

相続税申告・相続税対策の詳細はこちら

準確定申告 相続人が1人の場合は付表の添付省略可能


平成28年分確定申告研修会資料 より

相続人や包括受遺者が1人の場合、準確定申告書付表の添付省略が可能。

この場合、申告書の「住所」欄、「氏名」欄を2段に分けて、上段に被相続人住所及び氏名、下段に相続人住所及び氏名を記載。

還付申告の場合、申告書の「還付される税金の受取場所」欄に相続人の口座番号等を記載、同欄右側余白に黒又は青色の鉛筆等で「相続人口座」と記載(縦書き)

ここまでは去年までと同様。平成28年分からはマイナンバー導入により以下を追加。

申告書上部余白に相続人のマイナンバー及び被相続人に死亡年月日を記載。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi