都心一等地に「ビル型納骨堂」続々 東京都が課税し波紋


都心一等地に「ビル型納骨堂」続々 東京都が課税し波紋:朝日新聞デジタル

 都は、伝燈院が宗旨・宗派を問わず受け入れ、仏壇・仏具の「はせがわ」に5割の手数料を払って販売を委託する契約を結んでいた点を指摘。納骨堂が宗派の教義を広める本来の目的に使われているとは言えない、と課税に踏み切った。

手数料5割ですか。

納骨堂即課税というわけではなく。
本件においては宗教施設というよりも納骨堂ビジネスでしょ、というのが都の見解。

月刊住職との発行編集人へのインタビューもなかなかに興味深い。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


コメント

  1. […] 都心一等地に「ビル型納骨堂」続々 東京都が課税し波紋 […]

タイトルとURLをコピーしました