仮想通貨の取引 消費税の明確化を


週刊税のしるべ 平成28年9月12日 第3234号より

金融庁が平成29年度税制改正に要望を出しているんですね。

ビットコイン等の「仮想通貨」取引の消費税の取扱いについて、整理明確を要望していると。

今年5月に資金決済法等が改正されたことにより、仮想通貨が決済手段として認められた一方で、現行の消費税法では仮想通貨取引自体が消費税の課税対象となってしまうようで。

アメリカやニューヨークにおいては仮想通貨の譲渡に係る取引は非課税とされていることから、国際的な課税上の取扱いを踏まえたうえで、明確化を要望。

時代の要請ですね。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


コメント

  1. […] 仮想通貨の取引 消費税の明確化を […]

タイトルとURLをコピーしました