遺伝性乳がん等 発症前の切除手術も医療費控除対象

Pocket

週刊税のしるべ 平成29年11月13日

遺伝性乳がん・卵巣がん症候群(HBOC)と診断された者が受けた乳房切除手術費用又は両側卵巣卵管切除手術費用に対する医療費控除の適用について

遺伝性乳がん・卵巣がん症候群(HBOC)はアンジェリーナ・ジョリーが手術したことで有名ですが。

HBOCについて、遺伝カウンセリングと遺伝子検査を行い、HBOCと確定診断された患者が乳房切除手術、両側卵巣卵管切除手術を行った場合の費用は医療費控除の対象となる旨、大阪国税局が文書回答。

ただし、遺伝カウンセリングと遺伝子検査はあくまで診断費用なので、これだけでは医療費控除の対象とはならない。

検査の結果、HBOCだと判明して手術が行われた場合には、カウンセリングと遺伝子検査の費用も医療費控除の対象となる。

人間ドッグと同じですね。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi

Pocket