低解約返戻金型逓増定期保険 生命保険の支払調書改正で名義変更も把握容易に


週刊税務通信 平成28年9月19日 №3425より

名義変更前提の「低解約返戻金型逓増定期保険」に税務リスク

以前もご案内済で私はオススメはしてないのですが、この記事をアップしてすぐに某保険会社から商品を紹介されましてね。なかなかの大物だと感じ入った次第。

要するに、法人で契約、契約から一定期間は解約返戻金をものすごく低く設定、この期間中に個人にこの保険を売却、売却金額は低額に抑えられている解約返戻金相当額、で、個人名義に移った後に解約返戻金が大幅にアップ、ここで解約、一時所得で1/2課税。

当然こんな保険としてあるまじき商品は税務当局も目を光らせているわけで、否認事例は聞かないものの、通達の改正はあり得るかと。

さらに、平成30年1月1日以後に支払の確定する生命保険で同日以後に名義変更が行われたものについては、保険会社が税務当局に「生命保険契約等の一時金の支払調書」に記載して提出することになります。

それでもやりますかね。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました