相続相談室

東松山エリアで唯一の相続税申告・相続税対策・事業承継対策に特化した税理士事務所です。

相続税申告・相続税対策の詳細はこちら

相続税・贈与税関係のマイナンバーでFAQ


週刊税のしるべ 平成28年7月25日 第3228号より

「相続税・贈与税に関するFAQ」が公表されていたのですね。

Q1-1 相続税の申告書には、いつからマイナンバー(個人番号)の記載が必要となりますか。

(答)
マイナンバー(個人番号)の記載は、平成28年1月1日以降の相続又は遺贈(死因贈与を含みます。)により取得した財産に係る相続税の申告書(平成28年分以降用)から必要となります。

まだ今年に入って平成28年相続開始分の相続税申告書は作成提出していませんが、確かに、そろそろ期限のものがあります。1月相続開始のもので遺産分割が確定しつつあるものについては申告書作成時にマイナンバーの確認が必要になりますね。

私、相続税申告について、マイナンバーの収集をチェックリストに入れていませんでした。これはうっかりしていました。さっそくチェックリストに追加するとしましょう。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi