相続相談室

東松山エリアで唯一の相続税申告・相続税対策・事業承継対策に特化した税理士事務所です。

相続税申告・相続税対策の詳細はこちら

NISA 平成26年分の非課税期間終了時の注意点


週刊税務通信 平成30年7月2日 №3513 より

NISAについて、最長5年間の非課税期間終了後、翌年分の非課税投資枠に上場株式等を移管することができます。これがロールオーバー

NISAが導入されたのが平成26年なので、来年平成31年が制度導入以来初の非課税期間終了を迎えるわけで。

この場合、2つの方法がある。

  • ロールオーバーして翌年分の非課税枠投資枠に移管
  • 特定口座、一般口座に移管

通常であればロールオーバーするであろうから、そのときに、「非課税口座内上場株式等移管依頼書」を提出する必要がある。

これは、31年に入ってからは提出できない。平成30年12月中に提出する必要がある。10月以降、証券会社等からご案内が発送されてくるとのこと。

特定口座、一般口座に移管する場合、従前は「非課税口座内上場株式等の非課税口座から特定口座への移管依頼書」を提出する必要があったものの、平成30年度税制改正により、特に手続きは不要で、自動的に移管されることになる。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi