住宅ローン控除 計算誤りの原因は住宅ローンの借換え


週刊税のしるべ 平成29年1月9日

知っておきたい身近な税務 税理士 北井好則先生

ここ最近、住宅ローンの借換えをする事案が増加傾向で、これ、結構出てきます。

旧ローン残高が新ローン(当初金額)より大きい場合

問題なし。新しい残高証明書と住宅控除申告書で計算可能。

新ローン(当初金額)が旧ローン残高を超える場合

増加部分は借換手数料等に係るものであるため、調整計算が必要。

本年の住宅ローン年末残高×借換え直前の当初住宅ローン残高/借換えによる新たな住宅ローン当初残高

設例

  • 旧ローン残高 2,700万円
  • 新ローン当初金額 3,000万円
  • 新ローン年末残高 2,990万円
  • 控除率 1%

2,990万円×2,700万円/3,000万円=2,990万円×0.9=2,691万円

2,691万円×1%=26万9100円

(2,990万円×1%=29万9千円ではない)

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました