相続相談室

東松山エリアで唯一の相続税申告・相続税対策・事業承継対策に特化した税理士事務所です。

相続税申告・相続税対策の詳細はこちら

AKB運営会社が申告漏れ、3年で5億円 東京国税指摘


人気アイドルグループAKB48の運営会社「AKS」(東京)が東京国税局の税務調査を受け、2014年11月期までの3年間で約5億円の申告漏れを指摘された。このうち約4億円については、同社が立て替えてきたメンバーの家賃や旅行代などの経費計上が認められなかったという。

(中略)

関係者によると、立て替えはメンバーの家賃が大部分で、ほかに歯の矯正費や旅行代、税金などがあり、約20項目にわたる。総額は12年ごろに数億円にのぼっていた。グループの人気上昇に伴い、月100万~200万円のマンションや、家族と同居するメンバーの家賃も立て替えるようになったという。

そこでAKSは、立て替え金を数年分まとめて報酬として経理処理することとし、12年と14年の11月期に計約4億円を経費計上した。これに対し、国税局は「個人的な費用の立て替え金は報酬にはあたらない」などと判断。メンバーへの寄付金(課税対象)として申告し直すよう求めたとみられる。

(中略)

AKSによる家賃などの立て替えは、AKB48の人気が出る前から始まったとみられる。独立した事業者として契約するメンバーには社宅もなく、「売れてCMに出られるまで生活は苦しい」(芸能関係者)という事情もある。

だが、立て替え金の扱いは契約書などで決めていなかった。2009年ごろからグループの人気が上昇し、主要メンバーが別の大手芸能事務所に移ってもAKSの立て替えは続いたという。「人気に経理が追いついていなかった」と関係者は言う。

報酬として経理処理したのは、総額が数億円に膨らんでからだ。帳簿上、各メンバーの所属事務所に支払った報酬額に立て替え分を上乗せし、12年と14年の決算期に計約4億円を経費計上。メンバーには、所属事務所からの報酬額に立て替え分を上乗せして確定申告させたという。

こうした処理について、関係者は「13年の決算期には経費計上せず、一貫性がない。恣意(しい)的に会社の申告所得を減らしたと取られる恐れがある」と指摘する。

(後略)

朝日新聞デジタル2015年9月1日05時03分

 

前段だけ読んでも、メンバー側で報酬として確定申告しているのに何故法人側で寄付金認定されるのかわかりませんね。「続きを読む」まで読まないと。

12年と14年⇒法人で経費計上、メンバーで売上計上

13年⇒法人で経費計上なし、メンバーで売上計上なし

これが一貫性がなく、利益操作だと。契約書もないし、と。

このあたり、業界の杜撰なところを突かれてしまった感じがありますね。ワタクシ的にはこのあたりはキッチリ、ガチガチに処理しておきたいところですけどねぇ。今回のように税務調査を想定した場合、何を言われるかわかったもんじゃないですし。事実そうなってますし。

AKB運営会社が申告漏れ、3年で5億円 東京国税指摘 朝日新聞デジタル2015年9月1日05時03分

 

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi