freeeと楽天銀行 API連携終了

Pocket

これは驚きです。

freee株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木大輔、以下「freee」)は楽天銀行との間で行っている参照系のAPI※を活用した法人口座・個人ビジネス・個人口座の利用明細の自動取り込みについて、2022年2月24日(木)17時頃をもって停止することをお知らせします。
楽天銀行とは2020年3月からAPI連携を開始しておりましたが、2022年2月24日17時頃をもって契約期間を満了することに伴いAPI連携を終了することになりました。なお、楽天カード・楽天Edy・楽天市場・楽天Pay(実店舗決済)の自動取り込み機能は従来どおりご利用いただけます。
freee会計で楽天銀行口座明細を自動取り込みをしてご利用いただいている方におかれましてはご不便をおかけいたしますことをお詫び申し上げます。
本件により影響のあるfreee会計ユーザーの方におかれましては弊社より個別連絡をさせていただきます。

API連携の接続料金が高額という話は聞いたことありますが、そのあたりで折り合いがつかなったのでしょうか。freeeも楽天も影響の大きさを考慮してないはずがないのですが、それでも契約満了させるほどの理由とは。

楽天が独自のクラウド会計を開発してたりして。MFクラウド買収とか。そうでもない限り、他のクラウド会計ソフトも同様にAPI連携できなくなる可能性だってありそうです。続報待ち。

freee会計と楽天銀行のAPI連携契約満了に伴う 口座明細の自動取り込み停止のお知らせ | プレスリリース | corp.freee.co.jp
■マジ価値サマリー(このお知らせでお伝えしたいこと) ・楽天銀行の参照系APIを活用した法人・個人ビジネス・個人口座のAPI連携契約が満了をむかえます ・それに伴い、2月24日17時頃に口座明細の自動取り込みが停止されます

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi

Pocket

タイトルとURLをコピーしました