週刊ダイヤモンド 労基署が狙う

tax memo

週刊ダイヤモンド 2016.12.17 労基署が狙う より

これまでの労基署の重点ターゲット業界は安全管理の観点からブルーカラー層の現場が定番。

ここ最近、ホワイトカラー職場に軸足を移動。

キーワードは「長時間労働の是正」

先日の電通社員の自殺問題もその一環。

で、そのホワイトカラー業界としてやり玉にあがっているのが。

  • 野村証券の投資銀行部門
  • 監査業界
  • 新聞記者
  • 学校教員

野村については長時間労働が前提なのでグローバルな競争力に疑問符が付くし、監査業界については、三重苦(労基署、東芝問題、会計士不足)を抱えているし、新聞記者は現代の蟹工船だし、学校教員については部活地獄を抱えている。

これに対応するため、労基署は「長時間労働撲滅特別捜査班(かとく)」を新設して個人志向で現場対応していたところ組織対応に戦略転換。

仕事を覚えるには長時間労働はやむを得ないと思いますし、実際、仕事は知的興奮を覚えるもので個人的には辛いけれど楽しかった思い出はありますが、他人に強制はできませんよね。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました