法人設立ワンストップサービス開始


週刊税のしるべ 令和2年1月27日

マイナポータルを活用した法人設立ワンストップサービスが1月20日からスタートしています。

法人設立登記後に必要な、

  • 税務署
  • 都道府県、市区長村
  • 年金事務所
  • 労働基準監督署
  • 公共職業安定所

への申請手続がオンラインで一発で終了。

定款認証と設立登記については、令和3年2月を目途に対応開始。

必要なものとして。

  1. マイナンバーカード
  2. マイナンバーカード対応のスマホorパソコン
  3. ICカードリーダ(パソコンの場合)
  4. 登記事項証明書

ということで手続きは楽になります。

サービストップ | 法人設立ワンストップサービス

が。

そんな一筋縄ではいかないというのが実感。

実際、サイトから手続きを行ってみようとすると。

まず、トップページの「かんたん問診・申請」から入るわけですが。

この「かんたん問診・申請」から入るとQの2番目で青色申告の承認申請について確認されます。

「かんたん問診・申請」を飛ばしていきなり「申請可能な手続一覧」から始めようとすると、

  • 青色申告の承認申請

欄には「必須」のアラートがありませんので、知識がない一般の方ではスルーしてしまいそうです。

あと、消費税関係も初心者(普通は初心者)には迷うところです。普通の人はこの届出書の意味を理解できないでしょう。

それに。

そもそも、マイナンバーカードを取得している人がほとんどいない。

という事実に向き合う必要があります。

前途多難です。

とはいえ、小さく生んで大きく育てるのが大事ですから、まずはここから。ということで。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました