「ステーキカフェ」店、価格戦略迷走の末に


「ステーキカフェ」店、価格戦略迷走の末に

 今回の事例で企業信用調査マンとして注目したのは銀行取引の状況だ。ステークスが堅調な業績を上げていた5年前の時点で7行だった融資取引は12行まで増えた。同社は年商の規模に比べて銀行の数が相対的に多い「多行取引」に陥っていたとみられる。多行取引は経営再建中の東芝のような大企業にしばしば見られる現象で、金融機関の数が多いほど関係者間の調整に時間がかかり、肝心の事業の再生が遅れる。リスケジュール後、同社も最後まで再建への道筋を描けなかった。

確かに年商に比して12行は多いですね。半分くらいでちょうどいいイメージでしょうか。個人的には1回行ったことはありますが、リピートするかと言ったら…ということなんでしょうね。

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました