相続相談室

東松山エリアで唯一の相続税申告・相続税対策・事業承継対策に特化した税理士事務所です。

相続税申告・相続税対策の詳細はこちら

国外転出時課税 申告書提出は99件


週刊税のしるべ 平成29年6月5日 より

平成28年分の所得税の確定申告状況等によると、所得金額1億円超は2万人とのこと。所得金額1億円超の人数を公表するのは初めてらしく。

所得金額1億円超の申告人数の推移は以下のとおり。

平成 人数
20年 15,139
21年 11,107
22年 11,843
23年 12,750
24年 13,609
25年 18,370
26年 17,348
27年 19,234
28年 20,383

で、個人的に注目していた国定転出時課税ですが。

27年7月1日以後に国外転出をする一定の居住者が1億円以上の対象資産を有している場合に提出が必要となった「準確定申告」「確定申告」の提出件数は99件で、対象資産の含み益は1013億円とのこと。

感覚的に圧倒的に少ないと思います。もっと提出義務のある納税者が存在するはず。申告漏れが多数発生していると思われます。これは嫌な予感がしますよ。

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi