医療費控除 被相続人の未払入院費は適用不可

Pocket

納税通信 第3511号 2018年2月19日

準確定申告ですが。入院してそのまま亡くなることも多く、その場合は当然医療費控除の検討をするわけですけれど。

入院費ってだいたい、死亡後に遺族が支払うことがほとんどです。前払いしているケースのたまにはありますが。

で、この入院費等を後日、遺族が支払った場合は被相続人の準確定申告の医療費控除対象外。

結構、ミスが散見されます。

さらに、未払の医療費を支払った遺族が、被相続人と生計一なら遺族の確定申告で医療費控除の対象となる。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi

Pocket