レオパレス21に集団訴訟相次ぐ 銀行と不動産業者が結託、裏で手数料も


レオパレス21に集団訴訟相次ぐ 銀行と不動産業者が結託、裏で手数料も 〈週刊朝日〉

レオパレス21のサブリース契約をめぐって昨年11月以降、数十人~129人規模の集団訴訟が相次いで起こされている。「損しないビジネス」「相続税対策」といった甘い言葉に乗ったものの、家賃の減額を半ば強制されるなど、トラブルになっているのだ。その裏には業者だけでなく銀行との結託も見えてきた。

自分がレオパレスの法務担当であれば、個別案件で処理して集団訴訟まで持っていかせないですね。個別に示談で終わらせてしまいます。このように外に話が漏れるから集団訴訟になるわけで。ケチって結局問題を大きくしてしまっている気がします。いや、別にレオパレスの肩を持つわけではありませんが。

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました