富裕層の申告漏れ 過去最多の516億円に


富裕層の申告漏れ 過去最多の516億円に | NHKニュース

昨年度、全国の国税局が行った税務調査で、いわゆる富裕層に対してこれまでで最も多い516億円の申告漏れを指摘したことが、国税庁のまとめでわかりました。
国税庁によりますと、昨年度、多額の資産や収入があるいわゆる富裕層を対象に行った税務調査は4377件で、合わせて516億円の申告漏れを指摘したということです。
前の年度より30%余り増え、同じ方法でデータを取り始めた平成21年度以降、最も多くなりました。これまでに120億円の所得税を追徴課税したということです。富裕層の申告漏れ1件当たりの金額は1179万円で、海外投資などを行っている場合は、その2.5倍の2970万円に上りました。

富裕層と海外取引の両輪がかみ合った感じでしょうか。まっとうに納税して税金のことは気にしないで働いて生活していた方が気が楽だと思うのはワタクシが富裕層ではないからなんでしょうね。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました