相続相談室

東松山エリアで唯一の相続税申告・相続税対策・事業承継対策に特化した税理士事務所です。

相続税申告・相続税対策の詳細はこちら

【つくば市】固定資産税等の課税誤りが多数判明


つくば市 | 平成29年1月24日臨時記者会見

つくば市内の宅地課税において,税負担を軽減する住宅用地の課税標準の特例措置を正しく適用していない事例が多数あり,固定資産税,都市計画税及び国民健康保険税が過大に課税されていた状況が判明した件について,臨時記者会見を開催いたしました。

直前のエントリーも固定資産税の住宅用地の特例の課税ミスでしたが、昨日つくば市においても住宅用地の特例についての課税誤りが「多数」発覚したとのプレスリリースがあったのですね。

固定資産税,都市計画税及び国民健康保険税の課税誤りについて

なるほど、新座市等の事件を契機に住宅用地の課税について調査を開始。調査中ですがいったんここで経過報告と。さらに、固定資産税が過大だと国民健康保険税についても資産割の算定上、過大課税が行われていたのでこれも返しますと。

過大納付発生時期で最も古いのは昭和48年の可能性あり。

だけど、国賠法により20年分しか返しませんよ。

で、下記のとおりと。

6 還付件数及び還付金額 

 (1) 固定資産税・都市計画税(都市計画税は平成19年度から課税) 

  還付件数 : 201件 還付金及び加算金 : 1億6,370万円 

   内訳 : 現年度還付金(H28年度)             640万円 

       過年度還付金(H9年度からH27年度)1億1,480万円 

       加算金     (H9年度からH28年度)   4,250万円

 (2) 国民健康保険税(固定資産税課税誤りによる影響)  

  還付件数 : 50件 

  還付金及び加算金 : 302万円

   内訳 : 過年度還付金(H9年度からH21年度) 211万円

       加算金     (H9年度からH21年度)   91万円 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi