相続相談室

東松山エリアで唯一の相続税申告・相続税対策・事業承継対策に特化した税理士事務所です。

相続税申告・相続税対策の詳細はこちら

租税回避策、税理士に開示義務 拒めば罰則 財務省など検討


租税回避策、税理士に開示義務 拒めば罰則 財務省など検討

財務省と国税庁は企業や富裕層に租税回避策を指南する税理士に仕組みの開示を義務付ける方針だ。租税回避地(タックスヘイブン)に資産を移すなど悪質な税逃れを把握する狙い。成功報酬を受け取るなどした税理士に具体策を開示させ、拒んだ場合の罰則も設ける。適正な助言も開示対象に含むが、米国など各国も開示制度を設けており、税制の不公平感の解消につなげる。

さっそくですか。

昨日イギリスでの会計士等の助言についての罰金制度検討というエントリをしたところなのですが。

イギリス 租税回避 税理士会計士等の助言者にも罰金か

国外を通じての租税回避防止に躍起になっている各国の国税当局です。

9月に検討に着手し、2018年度からの実施を目指す。法人税、所得税、相続税の課税実態を洗い出す形になるが、どこまで点検するかは今後詰める。

どこまで開示することになるのか。ドメスティックにやっている税理士にまでは及ばない気もしますが(希望的観測)。そもそも国際的租税回避行為についてイライラしているはずですからそこが本丸ですよね国税当局の。

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi