相続相談室

東松山エリアで唯一の相続税申告・相続税対策・事業承継対策に特化した税理士事務所です。

相続税申告・相続税対策の詳細はこちら

経営力向上計画に記載ミス多発 一部経産局でExcel版様式提供


週刊税務通信 平成28年10月31日 №3431より

簡単な書類2枚で固定資産税の軽減措置が受けられるということで申請が増加している「経営力向上計画」ですが、申請書の記載誤りが多発しているのとこと。

近畿経産局で独自にプルダウンやエラー表示が出るExcelの申請シートを提供開始。ミスが劇的に減少したとか。これを踏まえて中部経産局、関東経産局も追随。不備があった場合、修正で認定まで時間がかかることから申請をする際にはExcelシートの利用をぜひとのこと。

ってことで見に行ってきたところ、確かにExcel版じゃないともう申請する気になりませんね。

経営力向上計画の申請について 関東経産局

とはいいつつ、私の顧問先では固定資産税が3年間1/2になったところで税理士が感謝されるような減税規模の投資はないんですけどね。

1,000万円設備投資したって1,000万円×1.4%×1/2×3年=21万円ですか。

これで税理士報酬10万円とか払ったら実際は11万円くらいしか減税効果はないわけで。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi