年金、強制徴収を所得300万円以上に拡大 納付率上げ


年金、強制徴収を所得300万円以上に拡大 納付率上げ

厚生労働省と日本年金機構は、国民年金保険料の強制徴収の対象を広げる。現在は年間所得350万円以上の滞納者に実施しているが、2017年度から300万円以上にする。国民年金保険料の納付率は60%程度で低迷している。保険料の滞納に厳しく対処し、納付率の向上を狙う。

そこに所得制限を設けることもおかしいし、国民年金保険料の納付率が60%ってのはもはや制度として破綻しているといっていいと思う。ダメだこりゃ。

こうなってくると社会保険関係については徴収事務において一日の長がある税務署などの国税関係の組織が代行すべき論が再度噴出するんでしょう。歳入庁として統合せよ論も含めて。

ただ、国税庁としては足手まといの社会保険関係者をいっしょに統合されたくはないんでしょうね。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました