「銀行取引なし」企業の実態調査へ 金融庁


「銀行取引なし」企業の実態調査へ 金融庁

金融庁は銀行と取引していない企業の調査に乗り出す。事業資金をノンバンクから借りたり、企業同士で融通するなどしている実態を把握する。銀行が拾い切れていない潜在的なニーズをとらえ、金融仲介機能を強化するよう促す。

森長官率いる金融庁の攻撃姿勢緩まず。

過去に貸し渋りや貸しはがしにあった結果、銀行との取引を避けるようになっている企業も少なくない。こうした銀行取引がない企業は「金融排除先」と呼ばれ、金融庁としても実態をつかめていなかった。同庁は「金融機関は『もう借り手がいない』と言うが、実際は掘り起こせていないだけではないか」(幹部)とみている。

 まず実態を調査し、銀行取引が難しい企業が多いのか、新たな開拓余地があるのか見極める。

「金融排除先」ってのがあるんですね。「今更何言ってんだ!」って社長から追い返されるのは承知の上での営業攻勢ですね。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました