青地を含む土地は青地部分の払下費用相当額を控除して評価


T&Amaster №776 2019.02.25

納税者は青地部分(市が所有)は相続財産から除かれるべきで、青地を含む土地全体を評価したうえで、青地面積と青地以外の面積で按分すべきと主張。

裁判所は無道路地の評価に準じて、青地部分も含めた土地全体の評価額から、青地部分の払下費用相当額を控除して評価すべきと判断。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました