土地相続で約13億円の申告漏れ指摘 元市議会議長の遺族

Pocket

土地相続で約13億円の申告漏れ指摘 元市議会議長の遺族 | NHKニュース

売却が決まっている土地を相続した場合、相続税は土地の評価額ではなく契約金額に基づいて計算することになっています。しかし、男性が亡くなる2日前に売却契約を解除していたとする不動産登記が、遺族が土地を相続したあとになって行われ、契約金額の半分にも満たない評価額に基づいて相続税が計算されていたということです。

税理士もこの方向性でよく署名したなって感じですが。

無理筋でしょう。

「申告漏れ」ではなく「申告除外」でしょう。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi

Pocket