メルカリ、消費税申告漏れ約1億円指摘 国税局 (日本経済新聞)

Pocket

メルカリ、消費税申告漏れ約1億円指摘 国税局

フリーマーケットアプリ大手のメルカリ(東京・港)が東京国税局の税務調査を受けて、2016年6月までの2年間で、約1億円の消費税の申告漏れを指摘されたことが30日、関係者の話で分かった。過少申告加算税を含めた追徴税額も1億円程度とみられる。

メルカリのポイントはアプリのダウンロードなど各種キャンペーン時に入手でき、商品購入の際に1ポイント=1円で利用できる。関係者によると、このポイントに関する税務処理が問題となっているとみられる。

ポイントの処理は経理ミスの頻出項目ですよね。経理体制が会社の成長速度に追いついてないのでしょうか。

本日の一部報道について | 株式会社メルカリ

今後の対応につきましては、引き続き検討をいたしますが、更正通知の内容に係る調査対象年度への影響については、既に平成29年6月期において見積計上しているため、将来の業績への影響は軽微であります。

29年6月期に既に見積納税額を引当済なんですね。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi

Pocket